たなかクリニック
たなかクリニック
たなかクリニック院内設備
たなかクリニックスタッフ紹介
たなかクリニックアクセスMAP/地図
アルゴンプラズマ凝固療法について
たなかクリニックへのお問い合わせ

花粉症対策・鼻・のど・耳・中耳炎・外耳炎・アルゴンプラズマ療法などよくあるご質問

患者様からいただく、よくあるご質問とその回答を紹介いたします。来院の際のご参考になればと思います。
インフルエンザ予防接種についてのよくあるご質問はこちら

アルゴンプラズマ療法についてのよくあるご質問はこちら

花粉症対策の準備・治療についてのよくあるご質問


花粉症の初期療法とは?
抗ヒスタミン剤やケミカルメディエーター遊離抑制薬、抗ロイコトリエン拮抗薬などを花粉飛散の2-3週間前からあらかじめ服用しておく治療法のことです。
これにより、症状の発現を遅らせたり強いクスリを服用せずにシーズンを過ごせる可能性があります。
初期療法のメリットとは?

1. 花粉シーズン中の症状が軽くなる
シーズン中の症状が軽くなり、ガマンしたり、イライラしたりすることが少なくなります。また、この効果は花粉飛散量の多少にかかわらない、というデータがあります。
(つまり、昨年のような大量飛散の年でも効果はある、ということです。)

2. 花粉症の症状の出始めが遅くなる
 花粉が飛ぶ前から予防的に薬を服用することで、花粉が飛び始めても、症状が出始める時期が遅くなります。
(もちろん、飛散量が多い日は症状が出ることはあります。)

3. 花粉症の症状と日常生活に合った治療を計画できる
 病院が混雑する時期を避けて、余裕を持って患者さん自身の症状と日常生活に合った治療計画を作ることができます。
 (初期療法を検討されている患者さまは、花粉症治療に対する意識が高く、花粉曝露の回避などセルフケアを励行されていることなども初期療法の効果が高いひとつの理由といわれています。)

4. 飲み薬や点鼻薬などの使用回数が減る
 花粉飛散の最盛期でも、症状を軽い状態で過ごせる可能性があるので、飲み薬を服用する回数や、点鼻薬などの併用薬を使用する回数を減らすことができると言われています。

初期療法のタイミング
初期療法を受けるタイミングは「花粉が飛び始める2週間前から」が基本です。
毎年必ず症状が出る、といった方達は1月末位からは内服薬の服用を開始された方が良いでしょう。

花粉症の初期療法で注意することはありますか?

1. 初期療法を行っても、完全な予防はできません。
2. 薬の種類によっては、眠気やだるさが起こることがあります。
(初期療法で使用するクスリは眠気などが強く出ないクスリで十分と思われますが、
眠気を感じる方もおられるかもしれません。)

*また、治療開始前にアレルギー症状の原因がスギ花粉のみなのかどうか(ヒノキ花粉症は合併することが多く、また他の雑草による花粉症が合併する場合もあります。)原因を検索し把握しておくことも重要です。

もう一つ!!!!
残念ながらレーザー治療やアルゴン治療はそろそろ時間切れ・・・です。
これから行うと逆に症状がひどくなる可能性もあります。
また、実際に鼻の症状が出てしまっている場合も治療は不可能と考えていただかなければなりません。
ご了承ください。


花粉対策グッズの使用感

(あくまでわたし個人の感覚ですので、参考程度に見てください。)
 今はいわゆるマスク以外にも花粉の侵入を防ぐアイテムがありますね。試したのは2つです。

まず一つ目は、
@いわゆる「ぬるマスク」というヤツ(患者様に教えてもらいました)。
軟膏を鼻の周りに塗って花粉の侵入を防ぐ、というモノです。
(中に塗布するドイツ製のヤツではありません。)
これは花粉予防として…「あると思います!」
 これだけで完全に防ぐのは無理かもしれませんが、何も対策しないで「花粉、来るなら来い!!」状態で外出するよりはずっとよいと思います。(あくまで個人的感想ですが…。)
 実際に塗るのはホンの数秒ですみますし、それで症状が緩和できるならいいのではないでしょうか。
 注意すべきかと思うのは、帰宅後のこと。
理論どおりであれば、軟膏を塗布した鼻孔の周囲に花粉が付着していることになりますので、そのまま鼻を無造作にかんだりすると、そのときに花粉が鼻腔内に入ったりすることがあるんじゃないかと思います。洗顔などを先にされた方がよいのではないか…と思います。

もう一つは、
A鼻の中に挿入するタイプのマスク(?)
鼻の穴の中に丸いフィルターみたいなものを挿入するタイプのものです。
パッケージを見ると効果は高そうです。
最初に見た時にまず感じたのは、
「固そうで鼻の粘膜にキズつきそう…」
実際に手にとって見た感じは
「想像していたよりも柔らかい!!」
そして実際に鼻に入れた感じは
「思ったより固い…。」
痛かったりはしないのですが、何しろ異物を鼻の中に入れることになるので、(私の場合は)分泌物が増える感じがしてしばらく入れると
「は、鼻かみたいぃ」
と思ってしまいます。
 もともと花粉症のある方は今の時期は粘膜が刺激に弱くなっていると思われますので、中に異物を入れるのはチトつらいかもしれません。
(もっとも、個人差はありますので、先日患者様で実際に使っておられる方もいました。その方は別に鼻が出るとか、刺激が強いとは感じておられないようでした。
モチロン、患者さんが処置前にはずされるまではつけておられるのには気が付きませんでした。)

また鼻中隔に強い弯曲がある方には向かないと思います。(弯曲の強い側、凸側は刺激が強いのではないかと思います。)
 というわけで、私は外出時は(一応)塗るタイプのマスクは使用するようにしています。

 以上、使用感についてでした。ご参考になれば幸いです。

耳(中耳炎・外耳炎)についてのよくあるご質問


耳がこもったような、つまったような感じがして取れません。耳垢でも詰まっているのでしょうか。
もちろん、実際に耳垢が詰まっている場合もあります。ただし、鼻の調子が悪かった場合などは鼓膜の状態が悪くなっていたり、
もっと奥の内耳と呼ばれる神経の部分の障害でも同じようにつまり感だけが症状の場合もあります。
1日〜2日くらいつまりが続くようであれば、耳鼻科で診察を受けていただくほうが良いでしょう。
ふわふわする感じが続きます。これはめまいになるのでしょうか?
広い範囲ではめまいに含まれます。グルグル回るタイプのものだけがめまいではありません。耳の奥の三半規管などが原因の場合はグルグル回るめまいが多いということになっていますが、 程度が軽ければ浮動感と呼ばれる、フワフワ浮いたような感じになる場合があります。
ただし、耳鼻科的なめまいは一般的には危険性が少ないため、神経内科、脳神経外科などで脳梗塞や脳出血などの命にかかわる病気でないことを確認していただいてから耳鼻咽喉科を受診されても構いません。
めまいと一緒に耳鳴や聞こえの障害が出た場合は先に耳鼻科に受診していただくのが良いでしょう。
耳鼻科ではめまいに対してどんな検査を行いますか?
耳鼻科で治療を行うめまいは基本的には内耳と呼ばれる耳の奥の神経の部分にある三半規管や前庭の機能障害で起こるめまいになります。
ですから、内耳の機能に異常がないかを調べる検査を行います。
具体的には、(バランスをとる機能をもつ三半規管・前庭とつながっているので)聴力の低下がないかをしらべたり、立っている状態でのふらつき具合をみたり、眼振という眼球の動きを見る検査をします。
最後の眼振を調べる検査は、首をかたむけたり、ひねったり、寝ている状態から急に起き上がっていただいたり、とめまいの症状が残っている場合にはめまいが誘発されるような検査となりますので、少しツライかもしれません(ただ、どちらの耳が悪いのか、など得られる情報が多いため、できれば行わせていただきたい検査です)。
耳鳴がずっと続いています。止める事は出来ますか?
何年も鳴り続いているタイプは、正直に申し上げて治すのは難しいことが多いです。
耳鳴の治療は、一般的には内耳と呼ばれる耳の奥の神経の部分の代謝を高めて働きを活発にしたり、神経を賦活したり、血液の循環状態を改善するようなクスリを組み合わせて服用していただくことが多いです。
これで耳鳴の程度が変化したりする場合はあります。(特に今まで全くクスリは飲んだことがない方は一度は試してみても良いと思います。)また漢方薬でも耳鳴に対して効果がある、といわれている薬もありますので、これらを試していただくこともあります。
 ただ、今までの治療経験からすると、耳鳴の程度が軽くなることはあっても完全に消失させるのは正直にいって難しいところです。
 
耳がかゆくてたまりません。
最も多いのが、湿疹様になっている場合です。これらは軟膏の塗布などで軽快する場合が多いのですが再発も多いようです。
 それ以外に自分で耳を触りすぎて炎症を起こしている場合もあります。これは傷の治りかけの時にかゆみが出たりするのと同じで、それ以上触り続けると痛みが出てきたりします。
 またそれでも触り続けていると、皮膚がめくれて擦り傷の状態になり滲出液がしみだしてきたりしてジクジクした状態になります。
 このような状態が長く続くと、真菌と呼ばれるカビが繁殖してしまうこともあります。できるだけ、ご自分では触らないように心がけ、長引くようなら耳鼻咽喉科で診察を受けてください。
子供が滲出性中耳炎といわれています。プールに入ってもよいのでしょうか?
これは先生によって意見が分かれるところだと思います。
プールに入るとどうしても鼻の量が増えます(これは病気でなくてもそうですよね)。
これが滲出性中耳炎に対してどの程度影響するかが問題かと思います。
私は頭から全くダメ、というより、通院が可能で耳の状態のチェックが頻回に行えるなら慎重に経過を見ながらプールに入ってもいいと思っています。
(もちろん、滲出性中耳炎が悪化するようならプール中止も仕方ないと思います。)
 滲出性中耳炎はどちらの耳鼻科にかかられても、長期の通院が必要な場合が多い疾患です。(場合によると身体の成長・発達による耳管機能の向上を待たざるを得ない場合もあります。)
「いつまでたっても治らない・・・」と思って通院をやめてしまうこともあるかもしれませんが、中耳炎の程度がひどくなる(=聞こえが悪くなる)ことを防ぐ意味でも、根気よく通院していただきたいと思います。

アルゴンプラズマ治療についてのよくあるご質問



※アルゴンプラズマ凝固療法の施行可能日:月曜日・火曜日・水曜日の午前のみ

アルゴンプラズマ凝固療法(APC)とは何ですか?
下鼻甲介という鼻の外側のヒダの表面を焼灼する治療です。鼻づまりが強い方には効果的でしょう。
ただし、上記のように鼻の中の一部分だけ(!)を処理する治療なので他の部分に花粉がつけばくしゃみは出ますし、鼻水もでます。
というわけで、これを行えば薬も全く必要なし!!!というわけには参りません。特に来春のように、飛散量が多いときは症状の緩和、という形になると思います。
アルゴンプラズマ凝固療法(APC)はいつ行うとよいのか?
理想的には年内だと思います。
手術後の状態が安定するまで1ヶ月程度必要と考えられます。
その間に花粉シーズンに入ってしまうと逆に症状が強く出ることも考えられます。
アルゴンプラズマ凝固療法(APC)はいつでも出来ますか?
いつでもというわけには参りません。

1.予約治療とさせていただいております。
体調や鼻腔内の形態などにより、手術不能・手術不適となる場合もあります。
術前検査・診察のため、最低でも手術施行前に1回は通常診察を受けて頂く必要があります。

2.APCをうけていただく場合、
 a.平日:午前のみ、朝10時に来院
 b.土曜日は午後2時来院

となっています。
(平日夜間など、これ以外の時間帯では施行できません。ご了承ください。)
アルゴンプラズマ凝固療法(APC)にかかる手術時間は?
当日、時間は麻酔に時間が必要なため、1.5時間から2時間必要とお考えください。
アルゴンプラズマ凝固療法(APC)にかかる費用は?
保険適応がありますが、初診の方で合計13,000円程度の費用が必要とお考えください。
(血液検査、ファイバースコープ検査など、必要な検査によって費用が増えることもあります。)
当日注意すべきことはありますか?
手術当日は出血、水様鼻汁などが見られます。
マスクなど必要になる方もおられますので、重要なお仕事などは控えていただいたほうよいでしょう。また、飲酒、激しい運動などは控えていただきます。
治るまでどれくらいかかりますか?
焼灼した粘膜の状態が安定するまで、1ヶ月程度を要します。
術後2週間は鼻汁、鼻閉の症状が強く出ます。
そのため、定期的な受診が必要となります。
アルゴンプラズマ凝固療法(APC)の利点は?
・外来で、表面麻酔のみで行なうことができます。
・出血がほとんどありません。
・妊娠を考えている方や、何らかの理由で薬物治療のできない方に行なうことができます。
・レーザー治療に比較して、発煙等が少なく、短時間の手術が可能です。
・術後の合併症をほとんど伴わない、安全な治療法です。
*アルゴンプラズマ凝固療法の性質上、歯根、眼下部などへの刺激(しびれ感)が生じます。感じ方は個人差があります。
どのような人がアルゴンプラズマ治療の対象になりますか?
特に鼻づまりの症状が強い方、飲み薬や点鼻薬が効きづらい方、薬を飲みたくない方などが手術の対象となります。
※心臓ペースメーカーを装着している方はペースメーカーが乱れる可能性があるためこの治療は受けられません。
※鼻中隔彎曲症(鼻の左右を分ける壁の曲がりが強い方)の方は、壁が曲がって飛び出している側の手術は出来ない場合があります。
治療効果はどれくらい続きますか?
残念ながら、治療効果は一生続くものではありません。
アルゴンプラズマ手術で焼灼凝固した組織が再生し、元に戻るため1年から2年おきに手術しなくてはいけない場合もあります。


▲実際の焼灼中の様子
右下鼻甲介の粘膜を焼灼しているところです。赤い粘膜が白く焼灼されるのがわかります。
花粉飛散開始が目前の時期でもアルゴンプラズマ凝固療法は行えますか?
花粉飛散開始後では鼻粘膜の過敏性が高くなってしまうので麻酔や焼灼での過敏性亢進が考えられます。また麻酔の効き具合も悪くなる印象がありますし、アルゴン自体は鼻水があっても焼灼できる器械といわれていますが、実際には鼻水が多いと焼灼が困難な印象をもっています。
 もうひとつは花粉飛散季節に粘膜を焼勺することにより粘膜の上皮のはがれた状態で花粉に暴露することになり、その後の抗体の産生が増加する可能性が否定できません。ですから飛散直前の処置はお勧めできません。

鼻についてのよくあるご質問


アレルギー性鼻炎は治りますか?
アレルギー自体は体質になりますので、基本的には一度アレルギー反応が起こるように なってしまうと治らないということになります。
 減感作療法という治療が完全にアレルギーを治す唯一の方法となりますが、効果の程度や治療期間などを考慮すると万人にお勧めすることは出来ません。
 ただし、症状の緩和ということであれば方法がないわけではありません。(内服薬や点鼻薬の併用が一般的ですが・・・。)
蓄膿症といわれました。どんな治療をするのでしょうか?
蓄膿症は正式には慢性副鼻腔炎といいます。今はまずマクロライド系の抗生物質を1ヶ月〜3ヶ月服用し、同時にネブライザー療法などを行う治療が一般的です。
 ただし、全例がマクロライド療法で治癒するわけではなく、3ヶ月経過してもレントゲン上の炎症所見が消えない場合は手術治療を行う場合もあります。
 (個人的な意見としては、炎症所見が残っていても自覚症状が軽減していれば手術治療を行わなくてもよいのではないかと思っています。ただ、風邪を引いたりすると鼻の症状がなかなかとれない、とか鼻がノドに流れやすくてノドの痛みやイガイガした感じが長引く、といったことは起こりやすいと思います。)
 また、左右どちらか一方だけが極端に悪く、虫歯などもない場合は、患者様の年齢などを考慮して手術をお勧めする場合があります。
(腫瘍性病変の可能性や、真菌症(カビによる炎症)などが考えられるため、フツーの蓄膿症であるか確認するために手術を受けていただくことがあります。)
少し前から鼻血が良く出ます。
出血の程度にもよりますが、多く見られるのは鼻の入り口近くに出血を起こしやすい場所があり、鼻をかむ、などの物理的な刺激を受けやすい場所ですので、ここに傷がついて出血している場合です。
これは一番数が多く、心配の要らない鼻血なのですが、長引くこともあります。
基本的には鼻の中の傷も手足の擦り傷と同じように治りますが、鼻の中は皮膚と違って湿っていることもあり、かさぶたが付いてもはがれやすく、傷が治りにくいため、かさぶたがはがれて血が出るといったことが長く続くことがあります。
鼻血が出た場合にはどうしたらよいですか?
基本的にはあごを引いてうつむく姿勢をとり、鼻に綿をつめて鼻翼(小鼻)をつまんでぎゅっと圧迫するのが一番です。10分〜15分押さえ続ける必要があります。
ノドに血が流れてくるようであれば、飲み込まずに吐き出します(飲み込んでいると、後で腹痛を生じたり、吐き気がしたりします。)
 これで鼻の入り口付近から出ている一般的な鼻血は止まるハズですが、とまらない場合は鼻の奥の方や、上の方などから出血している可能性があるため、耳鼻咽喉科で診察を受けていただかなければいけません。
ニオイがわかりません。治す方法はあるのでしょうか?
ニオイがわからない(=嗅覚障害)場合、一時的にニオイがニオイを感じる部位(神経)に届かなくてにおわない場合やニオイの神経自体がダメージを受けている場合があります。
後者の場合改善は困難です。また前者の場合でも、あまり長期間にわたると、ニオイの神経が萎縮してしまい、後者と同じ神経のダメージになってしまいます。
 できるだけ早い時期に耳鼻咽喉科を受診していただくほうがよいでしょう。
治療としては、点鼻薬をニオイを感じる部分に届くようにさしていただく治療が一般的です。

のどについてのよくあるご質問


のどにものが引っかかる感じがあり、とれません。何か出来ているのでしょうか?
一番こわいのは腫瘍などが出来ていて、実際にのどが狭くなりつまり感が出ている場合です。
これは直接カメラなどで確認することが可能です。のど仏のあたりより上の範囲は耳鼻咽喉科で確認可能ですので、診察を受けていただくのがよいでしょう。特に同じような場所で引っかかる(いつもノドの右側よりで引っかかり感がある、など)場合は早い時期に一度診察を受けることをお勧めします。
(ただし、何も見つからない場合もあります。この場合は、消炎酵素剤などの内服をしていただいて経過をみていただくことになります。それでも改善しない場合は定期的にノドの状態を確認し、異常がないかチェックする必要があるでしょう。)
扁桃腺が良く腫れます。手術をしたほうがよいのでしょうか?
風邪を引くと必ず扁桃腺に膿がついて、熱が39℃を超え、病院で点滴をしてもらわないといけないとか、扁桃腺の周りにまで炎症が広がって膿がたまってしまった、というような経験がある場合は、明らかに扁桃腺が炎症の増悪因子となっていると考えられるため、手術治療を行う方が良いと思います。
声が出にくくなって治りません(声のかすれ、嗄声)。
声が出にくくなった前後の状態によりますが、急に起こったのであれば声帯の炎症か、声帯への痰の付着などが考えやすいと思います。声帯は声を出すと動くところなので、一度強い炎症が起こるとなかなか治りづらくなります。(打撲した部分を動かしながら腫れが引くのを待っているような感じです。フツーは出来るだけ動かさないようにして腫れが引くのを待ちますよね。)
声帯を動かさないようにするには?声を出さないこと、なのですが、フツーに日常生活を送っていれば声を出さないわけにはいきませんので、しゃべらないでいい場面では極力しゃべらず、声の安静を保っていただくのが一番です。
また声帯は血液の流れの悪いところなので、内服薬などの効果も出にくい場所です。
そのため、ネブライザー療法を頻回に行っていただくのが良いと思います。
炎症以外にも、ポリープが出来ていたり、腫瘍が出来ていても声が出にくくなります。
徐々にひどくなってきた場合は、これらの疾患を考えないといけませんので耳鼻咽喉科でファイバースコープでの検査を受けることをお勧めします。
風邪のあと、だけが止まりません。胸のレントゲンはなんともないと言われましたが・・・。
長引く咳については、何種類か病気を考えないといけませんが、意外と多く感じるのが鼻が影響している場合です。
のどを見ると咽頭後壁(口をあけたときに正面に見えるノドの壁)に粘液状の物質が張り付いていることがあります。吸い取ってみると鼻から落ちてきていることがほとんどです。
これを後鼻漏といいますが、これが存在するとノドの粘膜を刺激して炎症を長引かせたり、治りにくくしたりします。(咽頭後壁にはリンパ濾胞と呼ばれるリンパ組織が存在しますが、これの鼻に近い側だけが真っ赤になっている方が良くおられます)
こういった状態ですと、ちょっとしたことで刺激を受けて咳がでたり、横になって寝てから咳がひどく出たりすることがあります。
また、慢性の咳嗽としてアレルギー的な要素持った咳や、いわゆる咳喘息といったものもあります。
これらは投薬に対する反応を見て(クスリの効き具合を見て)判断するしかない場合もあります。
いびきが大きいといわれますが。
いびきはノドの粘膜が呼吸により振動して発生するものが多く、口蓋垂が長かったり、幅が広かったりする場合、口蓋扁桃が大きく、後口蓋弓の幅が広い場合などはいびきをかき易いノドといえます。
 また鼻中隔弯曲症や、蓄膿症、アレルギー性鼻炎などで鼻の通気度が悪い場合はどうしても口呼吸が中心となるため、いびきをかきやすくなります。
 また、よく経験されることと思いますが、飲酒されると粘膜の充血などによりいびきをかきやすくなります。
 以上のように、いびきはノドの形が影響しているものについては手術治療でノドの形を変えるしか方法がなくなってしまいますが、鼻の通気度を改善することによって軽減する場合も考えられますので、一度耳鼻咽喉科で鼻、ノドの診察を受けてください。
 またいびきがひどくなると睡眠時無呼吸症候群を生じている場合もあり、これは程度がひどくなると将来的に生命の危険を生じる場合もありますので、精査をお勧めします。

その他よくあるご質問


通院は毎日した方が良いのでしょうか?
これは疾患により異なります。
声帯の炎症で声がかすれている、副鼻腔炎と診断されており汚い鼻がたくさん出る、などの場合は局所の処置とネブライザー療法を併用したほうが内服薬だけを服用しているより早くよくなるでしょう。
(特に声帯の炎症が確実であれば、声の使用を控えるのとネブライザー療法が最も効果的です。)
これら以外にも、滲出性中耳炎などは出来るだけ頻回に通院し通気療法(鼻から耳に空気を通す治療)を行われたほうが良いと思います。
中耳炎についても耳漏(みみだれ)がたくさん出ている場合や真菌というカビがついてしまった場合などは
通院処置が必要です。
風邪は内科より耳鼻科で見てもらった方が早く治りますか?
「内科で薬もらったけど全然良くならなくて、耳鼻科にかかったらスグ治った。」
というような話を聞くことがあります。(内科の先生方、御覧になっていたらスミマセン。)
これは一概には言えないのですが、ネブライザー療法などの局所療法を併用できる点で、耳鼻咽喉科の方が有利な場合はあると思います。

余談:
 耳鼻科では最初から抗生物質などの強い薬を最初からもらえるので良く効く、とおっしゃる患者様もおられるかと思います。
 これは、内科の先生方からみると、必要のない薬を投与していると批判を受けることかもしれません。ご存知のように、風邪はウィルスの感染によって起こるものですから基本的には抗生物質は効きません。そのため、風邪の初期の段階では抗生物質の投与は不要というのが現在の常識です。
ただし、病院やクリニックを受診される方は風邪を引いてからある程度時間が経過している方も多く、また市販の風邪薬を服用したけれども治らない、という方もおられます。  
耳鼻科に受診される方に限っていえば、内科でクスリをもらったけど治らない、といわれて受診される方も多く見られます。これらの方については、鼻、ノドの状態を見て抗生物質を処方することは決して間違いではないと考えます。

ご質問・回答は随時追加していく予定です。

その他のよくあるご質問はこちら

●診療時間
平日は19:30まで診察
土日も開院しております。

たなかクリニック診療時間※平成26年9月18日より木曜日の診察も行います